2013年 02月 23日

セアカモズの識別について

セアカモズの識別について詳しい文献を教えてもらいました。下記です。
Identification of red-backed, isabelline and brown shrikes
英語ですが、一生懸命読むと大変参考になります。これによりますと今話題になっている個体は、EPT(exposed primary tips)の数や、尾羽の外側の羽の色などで疑問があります。詳しくは是非読んでみてください。
撮影に行かれる皆様は尾羽根を拡げた写真、伸びをして羽を拡げた写真、飛んでる写真などを撮っておいて下さい。少々ピンぼけでも露出が失敗していても識別には問題ありませんので、消さないで下さいね。

人気blogランキングへ ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

父親がヤフオクに出品している商品です。お蔭様で647件の「非常に良い・良い」評価を頂いています。
[PR]

by holi23 | 2013-02-23 18:43 | セアカモズ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://holi3.exblog.jp/tb/18683269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2013-03-22 23:18
こんちには。
比較論文の紹介ありがとうございました。
当方のブログで活用しました。
http://yoda1.exblog.jp/17478803/
Commented by holi23 at 2013-03-23 17:57
yoda-1さん、今晩は。
ブログ拝見しました。yoda-1さんの様な方に活用していただいて
紹介した甲斐がありました。種の同定に関してはyoda-1さんの
ブログの方にコメントいたします。
ところで本論分はdutch(オランダ)で出版されたようです。
著者のTim Worfolk氏はイギリス在住みたいですが。
Commented by yoda-1 at 2013-03-23 18:38
holiさん。
そうなのですか。リンク先のアドレスがドイツの感じでしたので、そう思いましたが、論文の後ろにあるのもドイツ語ではなくて、オランダ語なのかな?いや、不正確な引用で申し訳ありませんでした。
http://www.dutchbirding.nl/content/journal/pdf/2000-6.pdf
今観ると、なんとオランダではないですか。が~ん。
早速、自分のブログを訂正いたします。


<< 謎のモズ抜けたか?      私と謎のモズとの付き合いは9年以上 >>