Life with Birds 3

holi3.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 11日

ドローンから野鳥を守るには?その2

昨日の続きです。巣穴からチラ見しか出来ないアオバズク雛を、ドローンを使って撮ってやろうと言う輩が近いうちに必ず出てくるだろう、と言う話題です。弊害としてまず考えられるのは、(1)神経質になった親鳥が営巣を放棄してしまうかも知れない、と言うことでしょう。(2)親鳥がドローンを攻撃して、怪我をしてしまうリスクもありそうです。アオバズクでは可能性は低いかも知れませんが、フクロウ、オオタカ、クマタカ、イヌワシなどのより大型の猛禽類では可能性が高そうです。(3)ドローンの操縦に失敗して、巣にぶつかってしまうこともあるかも知れません。(4)営巣場所は人気の少ない神社が多いので、ドローンが人の上に落ちてくる、と言う可能性は低そうです。(3)と(4)の問題はドローンを免許制にする、ドローンの安全性能向上等で解決できそうですが、(1)と(2)に関してははマナーの啓発と向上くらいしか思い付きません。
尚、昨日と今日掲載した巣穴は既に切られてしまい、今や存在しませんのでご心配は不要です。
画像は右クリックー>「壁紙に設定」で1280x1024の壁紙に利用できます。
人気blogランキングへ ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。
f0105570_21411897.jpg

父親がヤフオクに出品している商品です。お蔭様で676件の「非常に良い・良い」評価を頂いています。
[PR]

by holi23 | 2015-06-11 21:57 | ドローン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://holi3.exblog.jp/tb/24125741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ドローンから野鳥を守るには?その3      ドローンから野鳥を守るには? >>