人気ブログランキング |

Life with Birds 3

holi3.exblog.jp
ブログトップ
2020年 10月 28日

日本初記録チャムネサメビタキ?(Brown breasted flycatcher)

2年前の10月に神奈川県で撮影された謎のヒタキが日本初記録のチャムネサメビタキ?(Brown breasted flycatcher)ではないか?と一部の人たちの間で話題になっています。実は私もそうでは無いかと思い、密かに研究していました。以下、長文ですが、私の考察を記します。

1.問題の個体の写真:下記に出てきます(2020/10/27 21:12の投稿)。
https://bird-kawasemi.jp/photo-bbs/

2.ミヤマヒタキではない
当初ミヤマヒタキではないか、と言われていましたが、昨年の5月に平島にて本物のミヤマヒタキに出会う機会に恵まれました。この個体とは嘴、尾羽が異なります。また足の色もミヤマヒタキにしては薄いと思います。

3.チャムネサメビタキの識別
二つの出典から検討してみました。一部不明点がありますが、チャムネサメビタキを否定する点が見つかりませんでした。

出典1: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Brown-breasted_flycatcher#cite_note-desc-2

The brown-breasted flycatcher is 13–14 cm in length and weighs between 10-14 g.=>YES(キビタキ雌と並んで水浴びしている写真から)
The overall colour of the upper parts is olive brown.=>YES
Some of the feather shafts are darker.=>YES
The upper tail coverts(上尾筒) are brighter rufous as are the edges of the flight feathers.=>不明
The tail feathers have rufous on the outer webs.=>不明
The lores(目先) are pale(薄い) and the eye ring is conspicuous(はっきりしている).=>YES
The chin and throat are white while the breast and sides of the body are pale brown.=>YES
The middle of the body to the vent(肛門) is buffy(淡黄色の) white.=>YES
Submoustachial stripes(外頬線) are faint but mark the boundary of the pale chin=>YES
the legs and lower mandible(下嘴) are pale flesh coloured(肉色)=>脚はYES、下嘴の付け根部分はYESだが先端部分は黒い(ネットで調べるとそういう個体の写真もある)

コサメビタキとの識別点
The most similar species is the Asian brown flycatcher, which has black rather than pale legs.=>足の色。YES

出典2:eBird
https://ebird.org/species/brbfly2
Dull but rather cute flycatcher, with large white-framed eyes.=>YES
Dark brown above and white below with a gray head, brown flanks(脇), and two distinct dark “moustache” lines.=>YES

コサメビタキとの識別点
Asian Brown’s migratory form is much grayer and lighter-colored=>意味不明
weaker “moustache” stripes=>YES
less of a brown wash on the flanks=>YES
weaker contrast between the head and back=>YES

4.渡り
下記の地図から、中国で繁殖した個体がスリランカに渡ると想定すると、これが逆方向に渡った場合日本まで到達することは不可能でないように思います。

https://www.xeno-canto.org/species/Muscicapa-muttui <https://www.xeno-canto.org/species/Muscicapa-muttui>

5.篭脱けの可能性
チャムネサメビタキが日本で飼育されているかは、情報がなく分かりませんでした。少なくとも羽は奇麗で飼育個体の可能性は低いように思いますが、篭脱けを否定する決定的根拠ではありません。

6.何故、南西諸島ではなく神奈川県で?
チャムネサメビタキはまだ日本では未記録の種の様です。もし少数が間違って日本に来ているのなら最初は南西諸島で発見されるのが普通のように思います。謎です。

タグ:

by holi23 | 2020-10-28 21:29 | チャムネサメビタキ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://holi3.exblog.jp/tb/31824015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 鮎を奪い合うトビ      ミサゴが真上を通過! >>