人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Life with Birds 3

holi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 10日

高原のアカモズ(綺麗な野鳥の壁紙)

撮れたてのアカモズです。アカモズはお腹が白いので露出が難しいです。昼間に撮ったのは殆どお腹が白トビしてました。17時を過ぎて撮ったこの写真が一番良い色が出ました。
画像は右クリックー>「壁紙に設定」で1280x1024の壁紙に利用できます。
人気blogランキングへ ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。
高原のアカモズ(綺麗な野鳥の壁紙)_f0105570_9331654.jpg

父親がヤフオクに出品している商品です。284点成約で、全てが「非常に良い・良い」評価の優良出品者です。

# by holi23 | 2006-06-10 23:59 | アカモズ | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 09日

obaraさんの事

私のブログからもリンクしている「野鳥撮り一人旅」のobaraさんが亡くなられた事を先程知りました。約2週間前の5月28日の事だったそうですが、暫くずっと忙しくしていて今日になってしまいました。obaraさんとは何度かフィールドでご一緒しました。2004年12月秋が瀬でのミヤマホオジロ、昨年6月あきる野市でブッポウソウ、今年1月埼玉でのコミミズクなどなど。obaraさんは私と同年代で、仕事も同じエンジニア、更に電車とバスと徒歩での移動と言う共通点があり、当然末永くお付き合い頂けるものと思っていましたのに、本当に残念です。メールでいろいろ問い合わせをしても、その都度丁寧なお返事をいただき、大変親切にしていただきました。コマドリ撮影中の出来事だったそうで、これからコマドリを見るたびにobaraさんを思い出すことでしょう。心よりobaraさんのご冥福をお祈り申し上げます。 合掌。

# by holi23 | 2006-06-09 22:37 | Trackback | Comments(1)
2006年 06月 09日

アオバズクの睨み(ユニークな野鳥の壁紙)

高地の鳥が続きましたが、本日は今年初撮りのアオバズクをお届けします。嫁さんお気に入りです。
画像は右クリックー>「壁紙に設定」で1280x1024の壁紙に利用できます。
人気blogランキングへ ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。
アオバズクの睨み(ユニークな野鳥の壁紙)_f0105570_21463312.jpg

父親がヤフオクに出品している商品です。284点成約で、全てが「非常に良い・良い」評価の優良出品者です。

# by holi23 | 2006-06-09 05:44 | アオバズク | Trackback | Comments(3)
2006年 06月 08日

高山の鳥第三弾:カヤクグリの囀り(野鳥の壁紙)

若いカップルがカヤクグリをスズメと間違えていましたので、教えてあげました。確かにそこかしこにカヤクグリが集団でいて、スズメみたいでした。当たり前ですが、標高2500メートルにはスズメは居ません。カヤクグリは冬に東京とか神奈川で見たことがありますが、こんなに多くの個体を一度に見たのは初めてでした。囀りを聞いたのも初めてでした。囀りはミソサザイの声量を半分にしたような鳴き方で、良い声でした。
画像は右クリックー>「壁紙に設定」で1280x1024の壁紙に利用できます。
人気blogランキングへ ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。
高山の鳥第三弾:カヤクグリの囀り(野鳥の壁紙)_f0105570_17295111.jpg

父親がヤフオクに出品している商品です。284点成約で、全てが「非常に良い・良い」評価の優良出品者です。

# by holi23 | 2006-06-08 06:24 | カヤクグリ | Trackback | Comments(2)
2006年 06月 07日

ライチョウより希少な(?)イワヒバリの囀り(野鳥の壁紙)

結局ライチョウは雄4個体、雌3個体を見ました。けれどもイワヒバリは1番しか見れませんでした。イワヒバリの囀りはヒバリと言うよりはイソヒヨドリに近かったです。声量が小さくやさしく歌うので、気づいている人は殆どいませんでした。
画像は右クリックー>「壁紙に設定」で1280x1024の壁紙に利用できます。
人気blogランキングへ ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。
ライチョウより希少な(?)イワヒバリの囀り(野鳥の壁紙)_f0105570_2255192.jpg

父親がヤフオクに出品している商品です。284点成約で、全てが「非常に良い・良い」評価の優良出品者です。

# by holi23 | 2006-06-07 22:05 | イワヒバリ | Trackback | Comments(2)